このエントリーをはてなブックマークに追加

通販を利用しよう

ねじは最も身近な機械部品

工具を持つ人たち

ねじは私たちの周りにある機械などには必ず使われている身近な機械部品である。二つ以上の部品同士を固定したり、繋げたりするには非常に便利で欠かせない物になっている。一般的にねじと言うと円柱状の素材にらせん状に溝を付けたボルトの事を言うことが多い。ボルトに切ってあるねじのことを雄ネジと呼ぶ。その反対にボルトのねじ部をはめ込む物は、穴状の所にねじを切ってある雌ネジである。雄ネジと雌ネジは特殊な場合を除いて互いに同じピッチや径でなければならない。ねじを締め付ける強さは、母材若しくはナットやボルトの材質や径、かみ合い長さや座面の面積など様々な条件から計算されるため、機械を設計する会社などは各社独自に計算式を導き出して決めている。

便利なカタログで選ぶ

ねじを選ぶときには形状、材質、径、長さなど必須な条件がある。すべての条件に合うねじを探すにはカタログが便利である。メーカー各社はそれぞれカタログを発行しているため、メーカーや問屋に問い合わせると紙の冊子のカタログを入手することが可能である。また、インターネット上で見ることが出来るWEBカタログや、PDF書類になっていてダウンロードできるものもある。カタログは種類別に写真で見やすく整理され、自分が求めているねじを見つけやすくなっている。また、インターネット上のカタログから見積もりや注文も出来るフォーマットを用意しているメーカーもある。特殊なねじに関しても様々な条件で見積もりが出来るメーカーもある。

台に置かれた工具

ネットでも閲覧できる

種類が豊富にあるねじの中から必要とする商品を探し出すには、カタログを使うと便利です。インターネットの普及により、業者によってはネット上にカタログを公開しているところもあるので、簡単に商品の検索や比較ができます。

ポケットに入った手袋

いつでも確認できる

種類が豊富なねじには専用のカタログも存在し、業者に連絡をすれば取り寄せられます。手元に置いておけば必要な時にすぐに確認でき、電話やネットを通じて簡単に注文することができます。